新ブログを作った。

新しいブログを作った。

以降は、こちらへ書いてゆくと思う。

もう、このブログには、書かないかもしれない。



[PR]
# by latbatbow | 2017-12-26 18:20

どうやら、このエキサイトブログには、記事のバックアップ機能が、見当たらない。

それはつまり、何らかのエラーにより、データが消えてしまったり、誤ってアカウント削除されたり(Youtubeではわりとあるようで)、……そうすれば、全部なくなってしまう。

ま、なくなっても良い記事ばかりを、書いてはいたものの、
中には、思いを詰め込んだものもある。

どうするか。

。。。。。。。。。。。。。。。。

以前、fc2ブログを使っていたことがあった。あちらはバックアップ機能を、しっかり付けていた上、ここより、全体的に機能・使いやすさは上という印象。

fc2ブログに、移るかもしれない。

ただ、バックアップ機能が、こちらにも実装されるならば、移る必要はなくなる。

。。。。。。。。。。。。。

そういえば、ツイッターの方も、どうなのだろうか? バックアップ機能はあったろうか。-----あるようだ。

。。。。。。。。。。。。

エキサイトブログは、記事データの、インポート機能はあるようなのに、エクスポート機能がない、という点。
それは、良くないように、思う。


[PR]
# by latbatbow | 2017-12-26 13:27 | 嘆き|吐露|祈り・望み

脳をロボットに移植。

近々、脳をロボットに移す実験を、ロシアだか中国だかでやると言っていたが、その後、どうしたのだろう。

検索してみると、遺体同士での頭部移植をやったらしい。

遺体同士では仕方ない。脳移植の話はどうなったろうか。

痛まず、苦しまず、恐怖もなく、やれればいい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(今このとき、望むモノ)

(心身改良)

(テクノロジーを、さらに急速に進歩させる方法が分からない。)
(自分に何ができるか、分からない。)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

昔を振り返っても、悪い記憶ばかりしかない、……わけはない。

が、悪い記憶から、記憶が消えていったはずなのに、それでもなお、悪い記憶しか、思い返せない。

幸せな記憶はどこだろう。手放しで幸せだと思えること、あったろうか。
ゲームソフトを買ってもらったときに、幸せを感じたろうか?

一日三食のご飯があり、家があり、暖房器具がある。パソコンがあり、電気水道が通っている。
それを、幸せだと、自分に言い聞かせよう。

それは――――、虚しさと表裏一体の、幸福だ……

言い聞かせているに、過ぎないのだから。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

自分が、ほしいものが、ある。

しかし、人間の誰にも、応えられなさそうなもの。

心身を改良してほしい。

病苦に、苦しまないようにしてほしい。

恐怖に、苦しまないようにしてほしい。

この、原因不明な、心身の痛み・苦痛・不快感を、感じなくさせてほしい。

あるいは、催眠のプロなら、どうにかできるのだろうか? 自分は「思い込み」しづらい感じで、無痛暗示も効きにくいような感じなのだが。

鎮痛剤や痛み止めなどで、痛みが改善できそうな感じして、その、薬自体で、また、不快感と苦痛を感じたりする。

一般には、健康的な食品だと思われるものでさえ、アレルギーなのか、体の不調になる。

おまけに、それは、幼い頃から食べ続けていたものなのに、アレルギーのような、感じだ。

そして、あまりにも、身体の不調がランダムで、いったい、どれに対し、アレルギー反応を示しているのか、本当にアレルギーなのか、不明。

一つ、一つ、原因を探ろうとすること、もう、疲れた。

疲れたから、ゲームとかの娯楽に意識を向けて、苦痛から精神を逸らす、ことで、やりすごしている。

精神的な影響が強いように思えた。(身体の不調の原因として)

しかし、それよりも、なによりも……、そもそも、遺伝であったり、生まれつきの性質じゃないか、という気が、年取るごとに増した。

 *

それで、もう、これは、「身体を変える」必要がある、と思った。

つまり、脳移植のようなもの。それくらいしないと、ムリなような気がする。

それが難しいなら、胴体部分だけでも、新しくできないか。

胃や大腸・小腸あたりから、(あるいは、そこの神経系から)、不調が多いので、そこを取り替えたり。

……

けれども、今の技術なら、手術が要るだろう。切り刻んで、交換して、そのダメージで、余計に苦しむのだろうか?

ナノテクノロジーからの、微細なロボット「ナノボット」を、早く実現してほしい。

ナノボット技術を応用すれば、手術をせずとも、身体の中から、手を加えることができる。それで、余計な神経を切除できれば。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【望み】

身体を変えたい。病苦を感じないために。

精神を変えたい。恐怖で苦しまないために。

 。。。。。。。。。。。。。。。

運動・トレーニングなどで、何とかなれば、良いが。

よくウォーキングをしていた時期にも、大して、身体は変わりがなかった。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【未来に向けて発展の必要な分野】

・AI、人工知能。

・ロボット工学

・ナノテクノロジー → ナノボット技術

  --------

強いAIができれば、それだけで、世界が変わる。

また

使えるナノボットができれば、それだけでも、世界が変わる。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【現在の残念な点】

「【AI】は注目されるのに、【ナノテクノロジー】(ナノボット|ナノマシン|ナノロボット)は、まるで話題を聞かないこと」

ナノテクノロジーの発展がなければ、未来技術の、大きな土台も、ない。

AI、ナノテク、へ、もっと、もっと、予算を、資源を、つぎ込んで欲しい。

。。。。。。。。。。。。。。。。

医学・医療を、もっと急速に、進歩してほしい。

医学、それだけとっても、幅広くて、自分には分からない。

身体を新品に交換するには、どの分野を、進歩させれば良いのか? それも分からない。

***************:

現在のテクノロジーを、もっと、もっと、急速に、進歩させるために、自分に、何ができるのか? それすら、分からない。

大金があれば、それを寄付する、というのも一つ。だが、自分に大金はない。

大学や学校で、大きな学費がかかる……、という問題を置いておいても、果たして、自分は何を学べば、新しい身体を得ることができるのか、それが、まったく、分からない。

おそらく、一分野ではダメで、いくつもの分野を横断的に熟知しなければならない。
もちろん、それを一人でやるのは、天才的なものじゃなきゃ、ムリ。

みんなでやれば、できる? 仲間をつのる? 一丸となって、目標に突き進めるだろうか?
自分には、そのイメージが見えない。自分の限界だ。

明確な目標を立てなければ、チームは進まない。

だが、「新しい身体を得る」という、目的を決めたとて、そのために必要なものが、多すぎたり、不明すぎるために、もう、わけがわからず、あきらめている。

あきらめて、技術の進歩を、ただ、待って、待って、待っている。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どうすればよいのだろうか?

なんだか、安楽死の技術について、取り掛かるほうが、良いような気がしてくる。

楽に、死ねるような、自死すなわち、殺しのテクニック。

例えば、首吊り一つでも、苦しいやり方と、あまり苦しまずにやれるやり方があるらしい。
だが! それだって、知識として理解しただけでは、ダメだ。
実践・練習しないと、結局、おそろしくて、実用できない。

なにより、現状の法律では、殺人、自殺幇助になってしまう。
自殺志願者の安楽死の合法化は、どうすればよいのか……

  。。。。。。。。。。

あと、自殺にあたっての、不安が3つある。

1.死ぬときの痛みやら苦痛が、怖い。

2.家族や知人への、心的ストレスが、気になる。

3.死後の世界があるのか? 地獄的なら残酷で、いやだ。天国的なところであってほしい。それか、心も何もない、無、すなわち、消滅であってほしい。

さしあたって、この3つの、懸念があり、自殺を思いとどめている。私の場合。

・安楽死技術を得られれば、このうち1の壁が、打ち壊される。

・家族が亡くなれば、2の壁も、ほぼ崩壊。

・3の壁は、文明・科学が途方もなく進歩しなくては、死後について、不明だろう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そのようなことを考えている。

結果、今の自分の判断は、「耐え忍んで、未来技術を待つ」になっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【他の方法】

   人工世界を作り出す。

   人体・脳を解析し、心・精神を、吸い出す。

   人工世界に、精神をアップロードする。

―― それは、レイ・カーツワイルさんという天才によれば、可能らしい。もちろん、今すぐに、ということではない。

可能まで、あと20年だろうか、30年は超えないだろう。

上記で、簡単に手順を述べたが、やはり、それも、具体的に必要なテクノロジーの数々を、私は分からない。

BMI(ブレイン・マシン・インターフェース)なども、関連するだろうが、さっぱりだ。

もはや、

 可能かどうか? を論じるのは 飽きた。

 可能にするまでの、道順、方法が欲しい。

   何をすればいい?

 それを望む人々は、   何を、 手伝えばよい?

@@@@@@@@@@@@@@@@@

私は、天才では、ない。  凡人だ。 少し異端な平均人。

だれか、これをみている 天才に おねがいしたい。


テクノロジーの急速な進歩を後押しする方法を、

個々人でもできることで、

わかりやすく、噛み砕いて、一歩一歩、教え広めてほしい。


あるいは、そういう、プロジェクトを、 立ち上げてほしい。


・・・・・・・・・・・・・・

そういや、「量子コンピュータ」という、既存のPC(またはスパコン《スーパーコンピュータ》と比べても)からすれば、規格外・異常・化け物な、コンピュータがある。

その発展、実用化すれば、これまた、世界を劇的に変える。

そういうのも、普通の人々で、手伝えることあれば、広めてほしいもの。

無学者は、一人ひとりは、学が乏しいかもしれないが、反面、数はある。

その大人数という点を、上手く活かしてほしい。

なにしろ、Wikipediaだって、そうして、拡大したのだから。無学とは限らないが。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

【もう一度、言おう】

「天才は、未来に向けて必要なことを、体系立てて、民衆に向けて、何をやってほしいのか、逐一、分かりやすく具体的に、示してほしい」

できれば、すぐにできることを、言ってほしい。


テクノロジーを、より、急速に進歩させようとする者が、自分だけ、などという、奇特なことにはならないことを、願う。


[PR]
# by latbatbow | 2017-12-26 13:14 | 嘆き|吐露|祈り・望み

現状の不満

・強風、大雨、台風、嵐などが、うるさい、苦手、怖い。

・建築費が高い。手間がかかりすぎる。粘土状の万能建材があるといい。

・医療技術。原因不明の心身の苦痛を、和らげるテクノロジーが進歩してほしい。
 感覚神経を一部、遮断できるように、したい。
 ‎ゆくゆくは、肉体と精神の、改変 改善 改造 改良 が、したい。
 ‎未だ無理ならば、無害な麻酔技術でも良い。
 ‎とにかく、何も感じなくしてほしい。

いつまでも……、いつまでも、……忍耐を強いる人生か…
 ……自殺者の多いのも、仕方なし、だ。

神経除去、できないだろうか?……
[PR]
# by latbatbow | 2017-12-26 12:00 | 嘆き|吐露|祈り・望み

ツイッターを。

右下を見れば分かりますが、少し前からツイッター、使い始めました。

もしかすると、数ヶ月や数年で、やめるかもしれませんが、つぶやいております。

とても、気楽に言葉を投稿できるのが、利点であります。

が、欠点は、このブログなどのように、コメント不可にできないこと。多分。

厄介な人間と出くわさないことを願いつつも、その一方、何かしら言葉をいただけないか、と思ってもいる。

[PR]
# by latbatbow | 2017-12-25 12:28

この神経そして精神と肉体を、持って生まれた。

痛みと苦しみに惑う身体で、生まれてきた。

今日もまた、耐え忍んで、生きている。


なぜ、自分は、苦しみやすい身体と心で、生まれてきたのか。


今は、もしや、修行期間なのか?


それは、いつの日か、この苦しみが、報われる、ということなのか?


……果たして、それは、いつのこと…だろうか?


ーーーーーーーー


わたしは、こころを 与えられた時点で 不幸だったように おもえる。


必要だったろうか? 心や意識は?


わたしは、いらなかった。


なにも感じなくて、良い。

なにも思わなくて、良い。


一切の 苦痛が いらない


なにも すべて いらない


痛みも 苦しみも 消えよ!


すべて おわりで いい



度重なる苦しみに呆れ果てている。うんざりだ。


一刻も早く 消して くれ


なくなれ 感情 心 精神 疲れた




[PR]
# by latbatbow | 2017-12-24 16:55


新作の小説『楽な異世界に生きたい少女のはなし』の連載をはじめました。



今まで異世界転生モノの物語を書いては、途中でボツになることを繰り返し、ようやくここにたどり着いた、という感じがいたします。


続きは、少し前に描いた絵です。
[PR]
# by latbatbow | 2017-12-05 11:00 | 制作

人物名の由来

自分が作り出したキャラクターの命名由来を、忘れないうちに、ここへ記録しておこうかと思って。


■「ノロ」という名について
まず、この名前についてハッキリ言いたいのは、「ノロウイルス」とは全く関係ないこと。というのも、ノロの名前を考えたのは、もう10年以上前で、その頃はまだ、ノロウイルスというものを知らなかった。……と、いうより、ニュースで話題になりはじめるのは、もう数年後だったように思う。

ノロ系統とネーミングでは、ノロ・ファウスト、ノロ・メランコリー、ノロ・ホープという名前を使った覚えがある。が、元となるのは(一番先に考案したのは)、「ノロ・ファウスト」、語感が良かったから。
(メランコリーとホープは、それぞれ英語が元。憂鬱と希望という意味だったか。ファウストは、そういう伝説・物語がある。ゲーテさんも二次創作を書いた……いや、今ではゲーテさんのファウストが有名だ)

ノロという名の由来は、ハッキリとしない。漠然とした記憶のため、作者自ら言うのもなんだが、3つくらいの説が思いつく。書く。

・「ノロマ」、「鈍い」から来ている説。
 五美というキャラと同じ命名理由。つまり、そういう名前にすることで、いじめるキッカケにしよう、と。ストーリー上の都合。

・「呪い」から。
 ノロを漢字表記で「呪《のろ》」にしようかな、とも思っていたような。
 名はキャラクターを表す感じで、良かったと思う。

・「ネロ、ネオ、コロ」など、他の名前候補から
 ネロなどの名前候補もあったような気がする。それが、転じて、ノロになったかも。


■「刃沼」という名前について
わりと覚えているのは、「葉沼」という漢字表記を先に考えていたこと。でも、「葉」より「刃」の方が、これまた、名がキャラクターを表していたのと、画数が少なくて見やすかったので、それで。
そして、あとから気づいたことだが、「はぬま」という名前で思い当たるものに、手塚作品の「ハヌマンの冒険」というのがある。
「ハヌマン」と「はぬま」……似ている。もしかしたら、ハヌマンという名前に影響されて名付けたかもしれない、ね。


■「デガラシ」という名
デガラシは、そのまんま、「出がらし」という言葉がある。あの、使い切った茶葉とかのやつね。
それを名前にしたのは――、格好良い名前じゃないものにしたかったからかな。格好良さより、身近な感じ、愛着のある感じ……と考えていたとき、多分、台所にいたんだろうね。そこで、急須を見て、「でがらし…………で、いっか」と、命名。


■「ハバネロ」という名の由来
そういう名前の唐辛子だったかがある。とはいえ、その人物設定と唐辛子は全然関係ない。
たしか……「ネロ」という名前を考えたけれど、そのままでは、「ノロ」という名と紛らわしいから、文字数変えようと……、こうなったのかな。おまけに既存の言葉だから覚えやすいだろうと思って。


■「メフィスト、ファウスト、ヘレネー」
ゲーテさんのファウストで見かけた名前。語感が良かった。


■「ヘル」
そのまんま、地獄(hell)。


■「レッドパス」
前身に「シアンパス」という名前もしくは人物設定もあった。シアンは、色もしくは化合物の名。
レッドパスもまた、語感から名付けたのだったか……
それか、レッドアイ・ガンランチャーという武器が、たしかルパン三世1st2話で出てきた記憶。そこから取ってきた名前かもしれない。
パスは、サイコパスからだったと思う。


■「ワイヤー・パンサー」
当時、モンキー・パンチさんとピンクパンサーのネーミングセンスが格好良いと思ったから、似たような名前にした。


■「獄牢町」(地名)
ご苦労さん、から、ごくろう。


■「ムトロ」(ブログ名)
思いを「吐露《とろ》」するから。そして、元のブログタイトルが「無」だったから、合わせてムトロ。
元のブログ名「無」の由来は、そのまんま。何もかも、なくなってしまえばいいという、やけっぱちな思いから。

──────────────────────────────
私のネーミングは、美観・格好良さより、「わかりやすさ」、「区別しやすさ」を優先する。……と、いっても、ときおり自分でも、その原則を忘れることはあるが。


[PR]
# by latbatbow | 2017-11-21 00:00

痛み

突然、腹に鋭い痛み。断続的。
腹を曲げたときと伸ばしたときに、痛くなっているような気がするが、よく分からず。

原因、思い当たらず。いつも、分からない。勝手に痛む・・・・!

頭のなかで、「生きる意欲を奪うな!!!!!!!!!」と叫ぶ。

なぜだ、なぜだ、なぜだ、と、……でも、意味がない。考えても意味がない。

腸が、突然、引っ張られるような、そんな鋭い痛さ。ヘソの付近から痛む。前と同じだ。

今のところは、耐えられる痛み、だ。

だが、自分が心配、ガッカリさせられるのは……

「これからも、こういう痛みに、時々、我慢させられなければ、ならないのか? 生きている限りは?」

腹を強く抑えて、耐える。疲れてしまう……

考えないようにはしているが……、考えないようにはしているが……、………………

…………そして、自然とその症状は収まる。勝手に痛んで、勝手に治る。当の本人には、我慢・忍耐以外、為す術がない。それが、もう、怒りを感じて。
「なんで勝手に痛むんだ!」と。やめてほしい。

感覚が、なくなればいい。いらない。

…………そう、ここへ、痛みへの怒りを書いても、仕方ないのだけれど……、
………………仕方のないことばかりだから………………

意味のある痛みじゃなく、意味のない痛みに襲われる。

[PR]
# by latbatbow | 2017-11-18 17:32