タグ『創作メモ』の記事に、過去の創作メモなどを掲載していく。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
■大きな屋敷内で、次も目的地を曖昧に示した「謎解き紙切れ」をたどるゲーム。習作として。Sさんの素材を用いて、dgとmf登場で作る? dgが仕掛ける「わたしは途中で消えますが気にせずに」

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「人間改善」ゲーム構想メモ
■マップの色調は、梓999のように、淡く整然としたモノトーン。余計な物がない配置。

■舞台は学校のみとし、主人公の住み家は作成しない?

■オープニング案1
車に乗っている。(背景は助手席からフロントガラス越しに見る道路風景)
誰かが自分に話している。
これから、あなたを、ある地へ送ります。
そこで、あなたは、愚劣な人間と出会います。
あなたなりのやりかたで、人間を改善してみなさい。
そう云ったきり、その人は黙って運転に集中した。
わたしは、いつしか船をこぎ、重い目蓋を閉じた。

――そして学校へ。

■コンセプト
今回は学校を舞台にする。主にいじめについて、それに関わる人間達の改善を図ろうとする。
改善方法は、一本道ではなく、多様に用意する。そしてそれぞれにその後の展開を見せる。

■企画動機
人間を改善するということに関心を持ってほしい。考えてほしい。

■ストーリを作って、ゲームシステムを作るのではない。ゲームシステムを作りながらストーリも組み立てていく。今回はコンセプト・テーマ重視で、ストーリ重視ではない。

   2014-6?

[PR]
# by latbatbow | 2017-11-11 18:02 | 制作 | Trackback

ウディタで作った、サウンドプレイヤーです。
ついでに、自作の音楽・効果音を(おそらく)全て収録しました。


[PR]
# by latbatbow | 2017-11-11 12:00 | 制作 | Trackback

易しい異世界転生(没)

没になったゲームデータです。これです↓



▼関連ファイル
[PR]
# by latbatbow | 2017-11-10 12:00 | ボツ作品など | Trackback

酷すぎて面白い動画



こちらからも見れます。
[PR]
# by latbatbow | 2017-11-10 00:00 | 他者作品(紹介) | Trackback

非現実都市 攻略ヒント

過去のファイルを探っていたら、ゲーム「非現実都市」の攻略のヒントらしきものがあったので、再掲載する。


More
[PR]
# by latbatbow | 2017-11-10 00:00 | Trackback


ほぼ完成状態のウディタ製、ゲーム作品です。

この記事で紹介した作品です。


[PR]
# by latbatbow | 2017-11-10 00:00 | ボツ作品など | Trackback

それは、懐かしくも、ブラックなアニメだった。
子供向け(あるいは幼児向け)アニメだったため、幼いころの恐怖として記憶している方もいるようだった。それからすると、楽しめた私は、幼い頃からブラックユーモアに惹かれるところがあったのかもしれない。

今見ても、今見るから、ハイセンスだった。
この、歌のセンスも、すごいセンスだ。


◆本編を見るなら、11話と27話がオススメです、残虐喜劇的で。

> 第11話"SWALLOWER"はポピーが剣を飲み込んで串刺しになり、それが元となった騒動によって大流血するというあまりに過激な内容だったため、キッズステーションでは未放送である。また第27話"KNIFE GAME"はカエルがナイフで細かく切り刻まれてしまう描写があったため、キッズステーションはこの回の放送を自粛した。     [Wikipedia より]

[PR]
# by latbatbow | 2017-11-08 00:00 | 他者作品(紹介) | Trackback

作品を作ることは

誰かが待っていると信じ、1つ1つ進むことだ。


[PR]
# by latbatbow | 2017-10-29 20:32 | 制作 | Trackback

没ゲーム画面

f0364230_14353080.png
仮タイトル『易しい異世界転生』で、冒頭のみ作り進められていたゲーム。

異世界転生モノの小説や漫画・アニメはありふれているが、ゲームとなると、さっぱり見かけないため、それじゃあ自分が作ろうと企画した。
だが、そのうち、やる気を失う。ゲーム作りの面倒さも理由の内だが、いわゆるテンプレートもの――すなわち、内容が型が出来上がりすぎていて、一見して作るのが楽そうなジャンル――は、モチベーションを保ち続けるのが難しいと感じた。

[PR]
# by latbatbow | 2017-10-28 00:00 | ボツ作品など | Trackback