<   2016年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

やがて

 死に近づいてしまう頃には、文章を書きたくなります。弱音も吐きたくなります。

 最近ここしばらく、これまでの生涯を振り返っては、懐かしみ切なくなること、多くなりました。
 わずか数年前に見聞きした音楽やゲームを見聞きしても、懐かしさに似た哀しみのために、涙を流してしまうほどです。

 心身は……寿命が近いような、そんな気がします。元気が欲しいです。元気の出る薬や治療法があれば幸いです。
 様々な体調不良をかかえます。一番には、精神的に、生きようとする力が枯渇してしまったのが、大本の原因なのだと思っています。
 吐き気がしやすいです。視力は0.03くらいしかなく、その上、メガネをかけると吐き気・具合が悪くなってしまうため、大抵、よく目の見えない状態で過ごさなくてはなりません。
 頭痛・腹痛・心身両面での疲労困憊感は度々です。
 ここしばらく高麗人参のサプリを飲み続けています。初め効果があったような気がしたので、続けていますが、今は効果が乏しく感じます。しかし、他に治す当てがないので、仕方ありません。

 自殺が脳裏を過ること、幾度で、数えきれません。人々が、30歳、50歳、80歳と、生きておられる人は生きていること、それだけで凄いと思いました。

 新しい身体が欲しいです。健康な身体。機械の身体。

 なぜ、人生を生きること、生き抜くことを、頑張れないのだろう。
 生きがいが無いために辛いのかもしれません。生きがい、生きがい……。
 あるいは、友人が全くいないことは、関係するでしょうか。友人が存在することが、生きることのプラスになるのだと、自分には想像できません。人との関わりは、疲れることばかり記憶に残り、陰鬱です。人とのつながりが幸せだということを聞く度、分からなくなります。

 自分の判断力・行動力・思考力、あらゆる脳の機能が、衰退していること、薄っすら自覚します。

 誰か、或は、「何か」に、助けを求めるように、文を書いたり、心で祈ったり、です。それに気付き、自らの力で現状を切り開かなければと思いたつも、もはや自分の力は尽きていることを自覚させられるばかりでした。あとは、無意味であったとしても、救いを願い、祈り続けるだけです。最期の時を迎えるまで。

 どちらにしろ、いずれは誰でも寿命が尽きるものです。早いか遅いかの違いと思うことにします。
[PR]
by latbatbow | 2016-07-25 00:00